「プラナカン博物館」や「アラブストリート」で購入できる可愛い食器

 

 プラナカン食器

中華系、マレー系、インド系など様々な文化を持つ民族が共存している国・シンガポール。そんな多民族国家の一つの象徴といえるのが、カラフルでなんともキュートなプラナカン食器です。

プラナカンとは中国からシンガポールやマレーシアにやってきた移民の子孫のことで、中国・マレー、そして様々な文化を吸収して独自の文化を創り出しました。食事や建築、ファッションなどその独特の文化は多岐にわたりますが、その中の一つが食器。一度見たら忘れられないピンクやペパーミントグリーン、レモンイエローといった鮮やかな色合いは東南アジアらしく、そしておめでたい鳳凰や満開の牡丹の絵柄はいかにも中国。

ガイドブックなどを見ると、観光地からちょっと外れた「プラナカン博物館」でプラナカン食器は手に入る、と書かれていることが多いのですが、私は観光スポットとして人気の「アラブストリート」のお店で沢山のプラナカン食器と出会いました。これもまた多民族国家・シンガポールらしい出来事。食器とともに忘れられない思い出になりました。

■プラナカン食器
購入可能場所:プラナカン博物館やアラブストリートのお店

※データは記事公開時点のものです。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。