図鑑/4~6歳の幼児におすすめの図鑑

世界のなぞを発見!しかけたっぷり『はっけんずかん』(2ページ目)

ものを調べるだけではなく、読んで楽しめる図鑑があります。初めての1冊におすすめの、子どもの好奇心を刺激する工夫がいっぱいの図鑑をご紹介!

高橋 真生

執筆者:高橋 真生

子育て・教育ガイド


どんな風に読む?

現在出版されているのは、むし・どうぶつ・のりもの・きょうりゅう・うみ・しんかんせんの6冊。

子どもたちは、はじめは絵や写真を眺めながらしかけで遊ぶことを、それからだんだんと内容そのものを楽しめるようになります。

では、親子一緒に楽しむにはどうすればよいでしょうか?

まだ小さいうちは、普通の本のように、絵や写真を見ながら本文を読んであげたり、感想を言い合ったりすることもできます。

また、子どもたちは、実際に自分で見たもの・触れたものに強くひきつけられるもの。たとえば新幹線に乗ることがあれば、数日前から一緒に図鑑を広げ、乗った後にも図鑑を見ながらまた話をすると体験がより深まります。もし可能であれば、図鑑を持って電車に乗るのはいかがでしょうか? 大人でも、今まで知らなかった小さな発見を、子どもと一緒にできると思います。

とはいえ図鑑というジャンルから、残念ながら図書館では貸し出しできない本に分類されていることも少なくありません。何冊もあるわけではないので、取り合いになってしまうこともしばしば。手元において楽しむ本として、プレゼントにもおすすめです。

好奇心を刺激して、考える力をつけよう!

『はっけんずかん』シリーズは、子どもが一人で読んだり、親子で読んだりすることはもちろんのこと、小学校低学年くらいになると数人で本を囲み、なぞなぞを出しあうなど友達同士で読んだりすることもできます。

これは、しかけたっぷりの図鑑の力を借りながら、新しく出会った世界の「なぞ」を、自分で発見し、答えを探すという行為とも言えます。遊びながら、考える力をつける工夫がなされた図鑑なのです。

子どもがどきどきわくわくしながらページをめくる、読む図鑑『はっけんずかん』シリーズ。ぜひ一度ご覧ください。

■はっけんずかんシリーズ

※上記データは記事公開時点のものです。


【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で図鑑を見るAmazon で図鑑を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます