不変の基本スタイルに最新エンジンを装備

M・ベンツG63AMG

昨年8月にマイナーチェンジを受けたGクラスのハイパフォーマンスモデル。このG63AMG(1780万円)に加え、5.5リッターを積むG550(1340万円)と612ps/1000Nmを発生する6リッターV12ツインターボのG65AMG(3250万円)を用意

ガッシャン!! 走り出して間もなく、同乗者のみならず運転している自分さえも思わず腰を浮かすほど大きな音がした。今どき珍しい、オートドアロックのかかった音だ。

純粋なパーパスビルドツール(軍用など)として開発され、諸般の事情より、’79年から一般向けにも市販されてきたGクラス(=ゲレンデヴァーゲン)。デビューから30年以上たったモデルであることを、あらためて思い知らされる。

基本のスタイルは不変である。古めかしい。最強モデルのG63AMGそして65AMGには、いかにも豪気な面構えが与えられているけれども、カタチはやはり、古色蒼然としたものだ。扉と呼ぶ方がふさわしい平板なドアを開け、よじ上るようにしてキャビンの中へと入りこんでやっと、このクルマが最新モデルであることを知る。

センターコンソールやメーター、ステアリングホイールが、質実剛健な車内の雰囲気にアンマッチなほど新しいからだ。ここまで新しくしなくても良かったのに、と“古いものは古いままで”を期待してしまう筆者などは、ミスマッチな雰囲気に新鮮さを見いだしつつも、ちょっとガッカリもした。

着座位置はほとんどマイクロバスである。見渡す視界は、まるで周り全てを下界とみなして睥睨するかのよう。何の理由もなく、自分が偉くなった気分になってしまう。
M・ベンツG63AMG

センターコンソールやメーターパネルなどのデザインを一新。7インチワイドディスプレイも備えた

細く四角いボンネットフードに収まるのは、最新のAMG製ユニット、5.4リッターV8直噴ツインターボである。最高出力544ps/最大トルク760Nmを誇る。もっとも、この上に例のV12ツインターボ搭載グレードもあるから、これくらいで驚いていてはいけないのだけれども、何はともあれ、最新AMGの主力エンジンを積む。ミッションは7ATだ。

もとより頑強な閉断面フレームをもつ。高性能パワーユニットを積むにあたり、専用チューンのスポーツサスと大口径ブレーキシステムで対応するのは、G55AMGが登場して以来のことで、もはや手慣れたもの。前375mmのローターを飲み込むため、チタニウムグレイペイントの骨太な5スポークアルミホイールは20インチにまで拡大された。ぱっくり口を開けたエアロバンパーや左右サイド出しのマフラーが物々しい、というか最早、禍々しい。
M・ベンツG63AMG

LEDドライビングライトや新設計のドアミラーなどを新たに採用。AMGモデルはオーバーフェンダーに加え、スポイラーなどのスポーティなパーツを多数備える