太極拳とは何か?

太極拳の風格は、空を行く雲や流れる水に例えられます ~行雲流水~

太極拳の風格は、空を行く雲や流れる水に例えられます ~行雲流水~


太極拳は中国発祥の伝統護身術です。もともと身を守るために誕生した太極拳ですが、東洋哲学と養生学を深く取り入れた鍛練方法は、徐々に心身の健康という面で大きな発展を遂げ、現代では世界中に愛好者を持つ有名な健康法として知られています。

このように、誰でも一度は聞いたことのある太極拳。でもそのイメージはとても抽象的なものです。それは太極拳の風格が水や雲の動きに例えられるように、自然の運動規則を体現する、ということに由来します。

では太極拳でいう自然とは何なのでしょう?

まずは、私たちが持って生まれた心と体です。つまり、「自分の今の状態が、そのまま自然のものなんだ」、と考えるところから太極拳が始まります。

そして次に、自分が包まれている環境を考えます。私たちは自分を含めた環境(=大自然)と共に変化を繰り返しながら生きていますので、この自分と大自然の運動規則を調和していくことが、太極拳の目的なのです。


太極拳で得られる本来の自分

心と体を緩めて自分を見つめる

心と体を緩めて自分を見つめる

生まれつきの体質には個人差があります。しかし生後において、自分に合った食習慣・運動・考え方を実践することで目覚める潜在能力もあります。

「私は○○な体質だから・・・」と決めつけてしまっては、眠っている潜在能力も目覚めるチャンスを失ってしまいます。

体だけでなく、心も柔らかくしておくことが太極拳の習得にあたってとても大切なことです。

また、心を緩めて自分を見つめることは、初心者にも上級者にも必要なことです。太極拳は「特殊なトレーニングを行って、理想の自分を作り上げる!」というアプローチではなく、あくまで自分本来の姿に目覚めながら、自然と共に生きることを実践していく、とてもナチュラルで美しい生き方へのアプローチなのです。


どうしてゆっくり動くの?

太極拳といえば「ゆっくり動く」、というのが一番多く持たれているイメージではないでしょうか。では、どうしてゆっくり動くのか?それは意識してゆっくり動くことで心が静まりやすくなり、比較的短時間で脳がリラックスを伴う集中状態に入ります。更に脳からゆっくりと体の隅々まで神経を行き渡らせることによって、繊細な筋肉や感覚を開発していくことができるからなのです。