5. 料理中の手軽さが人気のスプレーオイル

スプレーオイル

料理のときに重宝するオイルスプレー、オーストラリア産オリーブオイルがオススメ

ホテルの朝食ビュッフェでお好みの卵料理をその場で調理してくれる際に見かける、シェフがシューっとフライパンに吹き付けるあのスプレーオイル。薄く、均等にオイルを塗ることができるのでとっても便利! 日本ではまだ種類も少なく、店頭にもあまり並んでいないと思いますが、オーストラリアでは手頃な値段で売られています。

通常のキャノーラオイルは3オーストラリア前後、オーストラリア産100%オリーブオイルでも5オーストラリアドル前後と日本の市価の半額程度で購入できます。

6. スパイス入りのオリーブオイル

オリーブオイル

いろいろなテイストのオリーブオイルは料理に合わせてお好みに使えて便利

ガイド自身もお気に入りで、自宅には何本も揃えているスパイス入りのオリーブオイル。時には友人へのお土産として購入し、喜ばれているものです。

オーストラリアは海外からの移民から成り立つ、多民族国家。イタリアからの移民も多く、ライカートというイタリア人街には多くのイタリア人が居住し、その周辺にはイタリアンレストランもたくさんあります。そういった影響もあり、イタリア料理でも多用されるオリーブオイルの種類も豊富なのかもしれません。

種類はガーリック、レモン、チリ、バジルがあり、肉料理にはガーリック、魚料理やドレッシングにはレモン、パスタにはバジルなどお料理に合わせて使え、香りもよく使いやすいです。

オリーブオイル

オイルのふたを開けると飛び出す細い注ぎ口が画期的で使いやすい

そしてココがポイント! このオリーブオイルは蓋を回して開けるとピョコンと細い注ぎ口が飛び出して来ます。なので、オイルを注ぐときにも液ダレせず、微妙な量の調整もしやすい。お値段は250ml入りで5オーストラリアドル弱。パッケージにそれぞれの種類のイラストが描かれているのですぐに探せます。

もちろんスパイスなしのバージンオリーブオイルの他、いろいろな種類のオリーブオイルが店頭にたくさん並んでいるのでお気に入りを探してみてください。