星空の露天風呂を手掘りで作る、鐘釣温泉へ

切り立った山あいをさらに進み、黒薙駅から4個目の鐘釣駅に降りると、もう1つの秘湯、鐘釣温泉があります。河原に湧き出る温泉が有名で、露天風呂は観光客に開放されています。泉質は単純泉で透明、無味、温度は42度前後です。胃腸の悪い人に人気の温泉としても有名ですが、やはりその魅力はちょっぴり恥ずかしい入浴スタイルにあります。

解説画像

河原から湯気が上がっている

河原に石を組み上げただけの温泉や、岩のくぼみにお湯がたまっている洞窟(どうくつ)風呂など、渓谷の景観に温泉が同化しており、河原を掘ればお湯が出てきます。観光シーズンは人が歩き回っているので少し恥ずかしいですが、鐘釣温泉旅館に宿泊をして夜の河原に出掛ければ、星空を眺めながらの入浴も楽しめて、おしゃれです。ただし、天候や川の水位によって危険な日もあります。必ず旅館のスタッフに確認を取ってください。


 
解説画像

鐘釣では夏でも万年雪が見られる



■鐘釣温泉旅館
住所:富山県下新川郡宇奈月町奥黒部
電話:0765-62-1103
アクセス:黒部峡谷鉄道鐘釣駅下車 徒歩10分(700メートルほど)
営業:5月から11月初旬まで
入浴時間:午前8時半から午後4時(宿泊客は24時間OK)
入浴料:無料
公式サイト
 

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。