あさりと菜の花の酒蒸し

所要時間:15分

カテゴリー:蒸し料理酒蒸し

 

あさりのうま味を味わいつくす! あさりと菜の花の酒蒸し

あさりの酒蒸しは、あさりが旬の春の時期にはぜひ作りたいもの。今回は、同じく春が旬の「菜の花」を一緒にあわせて作ります。

あさりの酒蒸しで最後に残る煮汁には、あさりのうま味がたっぷり含まれています。その煮汁を使って、最後に菜の花にさっと火を通すので、菜の花にもあさりのうま味が含まれ、あさりのうま味を味わいつくすことのできるレシピです。

あさりと菜の花の酒蒸しの材料(3~4人前

あさりと菜の花の酒蒸し
あさり 400g(殻付き)
菜の花 1束(200g程度)
大さじ5(75ml)

あさりと菜の花の酒蒸しの作り方・手順

あさりと菜の花の酒蒸し

1:材料を用意する

材料を用意する
用意する材料は3つだけです。
殻付きのあさりと、菜の花と、酒。

あさりは砂出しをしておき、菜の花は食べやすい長さに切ってさっと洗っておきます。

2:鍋にあさりと酒を加える

鍋にあさりと酒を加える
砂出ししたあさりは、両手でもむように洗ってから鍋に入れます。火にかける前に、酒大さじ5を加えます。

3:蓋をしてあさりに火を通す

蓋をしてあさりに火を通す
鍋を中火にかけ、蓋をしてあさりに火を通します。あさりの大きさにもよりますが、3分程度であさりの口が開いてあさりに火が通ります。

4:あさりを取り出す

あさりを取り出す
すべてのあさりの口が開いたら蓋をあけ、あさりだけを別容器に取り出します。 取り出すときはしっかり汁気を切って、鍋の中にできるだけ煮汁を残すようにしてください。煮汁が少ないと菜の花に火を通しづらくなってしまいます。

5:菜の花に火を通す

菜の花に火を通す
鍋を再び火にかけ(中火から弱火の間くらいの火加減)、煮汁が沸いてきたら菜の花を加えます。途中3~4回箸で混ぜながら、蓋をして蒸し煮にして火を通します。

6:あさりを戻し入れる

あさりを戻し入れる
菜の花の太さにもよりますが、2分程度で火が通るので、一度太めの茎を食べてみて確認します。菜の花に火が通っていればあさりを戻し入れ、全体を混ぜ合わせて完成です。

ガイドのワンポイントアドバイス

あさりの酒蒸しには、あさりのうま味がたっぷり含まれています。ですので、あさりだけで調理するのはもったいないのです!今回のレシピのように菜の花を加えたり、その他には三つ葉やせり、白ねぎなどを加えても美味しくなりますので、ぜひお試しください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。