節約と貯蓄で結婚費用を確保

私と夫はとても大雑把な性格で、細かい計算や毎月決めた金額をこつこつ貯めることが苦手です。なので、とてもアバウトな計算で、おおよその金額を決めました。
●結婚式・披露宴 100万円
●新婚旅行 100万円
●新生活準備金 100万円
この金額ができる範囲で済ませれば良いので、「貯められる金額=身の丈にあった結婚」がスタートできます。

2人共に実家住いだったこともあり、毎月の収入から使った分以外はすべて貯金をしていました。貯金を始めて結婚までの1年半くらいの間には、誕生日やクリスマスのプレゼント交換、外食や遠出も控えていました。

2人共に実家住いだったので、新生活で使用するものすべて、購入する必要があったので、人からもらったり、家具や食器などは良いものを見つけては、ちびちび購入していました。

実際、お金を貯めながら結婚準備で出ていくので、いくら貯めたのかはわかりません。お祝いで現金をいただいたり、ご祝儀だったりと、入ってくるお金もあったので、借金せずにすみました。

これから結婚を控えている方へ

結婚前は、準備もいろいろと大変だし、マリッジブルーのようなこともあるかもしれません。

そこにお金がないとよりギスギスして不機嫌になってしまうので、あまり長期的に考えずに短い期間だけいろいろがまんして、お金を貯めたほうがストレスがなくよいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。