水洗いと乾燥と複数使い

 

 

私が木のまな板を長く清潔に使うために気をつけていることです。

  1. 使う前にまず水でさっとまな板を濡らして布巾でふきます。食材の水分がまな板に染み込みにくくするためです。
  2. お肉やお魚などたんぱく質の多い食材を切るときは、できるだけまな板シートや牛乳パックなどをしいてまな板に汁がつかないようにする。肉や魚を直接まな板の上で切った場合は、まず水洗いをします。お湯で洗うと、たんぱく質が固まって取れにくくなってしまうからです。まず水洗いして、お湯と洗剤で洗います。
  3. 使ったあとは、水で洗った後に熱湯をかけて、きちんと乾燥させること。きちんと立てて自然乾燥させれば黒ずみはできにくいです。

私は自立するスタンドのついた四万十ヒノキのまな板で同じサイズのもの(ちょっと小さ目が扱いやすくておすすめ)を2枚持っていて日替わりで使うようにしています。複数枚を使うことで、それぞれきちんと乾燥させることができるので結果的にはまな板を清潔に長く使うことができるのです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。