エッジ部分を意識してボーゲンを反復練習する

すべてのことに精通していますが、まず基礎が大事。それがボーゲンです。

ボーゲンとはスキー板を八の字にして滑ることです。この八の字はただの八の字ではないのです。奥がとても深く、「ボーゲンを制する者はスキーを制する」と言われるくらい大事な基礎技術です。

スキー場に着いたら緩斜面でボーゲンをします。そのときに、スキー板の内側にある鉄の部分(エッジ)を雪の斜面にあてて滑るのですが、あたっているエッジ部分を身体で感じながら滑りましょう。

なぜなら、スキーは曲がるときなど、見ていると両足で滑っているようですが、片足で、それもエッジの部分だけで滑っているのです。

ボーゲンのときにエッジ部分を意識して滑る。体重をかけたときに、どうスキー板が滑るのか、どう曲がっていくのかを身体で感じてください。それを繰り返しましょう。

板の上に体重が垂直に乗っていることを意識する

次は、姿勢です。スキーは滑り出して、スピードが出てくると体勢が後ろになります。なぜなら、怖いからです。後ろになると、本来体重移動で決めた方向に進むのですが、板の上に、垂直に体重が乗っていないと、板を操作できません。

後ろの姿勢ですと、踵の部分でしか、板に体重が乗っていません。このスタイルは多くの初心者に見られる傾向ですので、ここは、ボーゲン時にきっちりと習得しておくべきです。

知人にスキーの上手な方がいれば1番いいですね。スキー教室もいいんですが、
はやりマニュアル通り的な所があるので、できれば知人に教えてもらいましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。