スキーウェアはぜひ買って持っていった方が良い

 

 

 

 

スキーウェアを選ぶ際にポイントになってくるのは、下記の5つではないでしょうか?

・保温性
・通気性(スキーでは結構汗をかくので、通気性の良いものがベスト)
・防水性
・サイズ
・ファッション性

スキーゲレンデは、単にスキーをするだけではなく、出会いの場でもあります。だから、スキーウェアは実用面だけでなく、ファッション性も重視して選びたいところです。

また、スキーウェアにはつなぎタイプとセパレートタイプがありますので、着やすさにも留意したいですね。

スキーウェアのほかに着用するものとしては、帽子やゴーグル(またはサングラス)、グローブ、耳当てなどがあります。安全にスキーをするために、これらのものもスキーウェア同様、慎重に選びたいですね。

私のおすすめは、やはりシンプルなものがいいと思います。ゲレンデではシンプルなほうが上級者に見えたりします。上の写真のウェアをご覧ください。

スキーウェアはぜひ買って持っていった方が良いと思います。特に毎年であったり、定期的に行くつもりの人は購入することをおすすめします。スキー場でもレンタルで貸し出してくれるところは多いですが、レンタルではサイズも種類も限られてくるし、もちろん普通の防寒具などではとても代用は効かないし、寒くて凍えてしまいますので、スキー用のウェアは必ず持っていきましょう。

スノーボード用のウェアでも大丈夫です。ただ、初めてで、次に行くかどうかわからない成長期のお子さんなどは(スキー場が多少限定されますが)、無理に買わずにレンタルで済ますという手もあります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。