節分天井彼岸底とは?

「節分天井彼岸底」という相場の格言があります。意味は、節分頃(2月初旬)に高値のピークを付けて、彼岸(3月下旬)に安値をつけるというものです。1月に投資家の気分が明るくなりご祝儀相場になり、2月初旬に高値を付けた後は、3月決算に向けて調整して下落する相場の動きを表しています。今回は、「節分天井彼岸底」という格言が本当に正しいのかどうかを検証してみましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
検証対象:全銘柄
検証期間:1990年3月~2013年1月31日
1銘柄当たりの投資金額:20万円

買い条件
・2月初旬の寄り付きに成行買い

売り条件
・3月末に寄り付きに成行売り

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2月初旬に全銘柄を購入し、3月末に売却した場合について検証を行います。仮に、勝率が50%以下で、損益がマイナスならば、「節分天井彼岸底」という格言は正しいといえるでしょう。反対に、勝率が50%以上で、損益がプラスならば「節分天井彼岸底」の格言は正しくはないといえるのではないでしょうか。

以上のルールで過去のデータを用いて検証した結果は以下の通りです。

節分天井彼岸底の検証結果


システムトレードの達人

システムトレードの達人



勝率: 52.88 %
勝ち数: 30,421 回
負け数: 27,112 回
引き分け数: 898 回

平均損益(円): 8,299 円  平均損益(率): 2.77 %
平均利益(円): 44,810 円  平均利益(率): 14.94 %
平均損失(円): -32,392 円  平均損失(率): -10.80 %

合計損益(円): 484,937,854 円  合計損益(率): 161,646.43 %
合計利益(円): 1,363,160,673 円  合計利益(率): 454,391.55 %
合計損失(円): -878,222,819 円  合計損失(率): -292,745.11 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 1.552
平均保持日数: 56.08 日

以上が、検証結果です。勝率は、52.8%、1トレードあたりの平均損益は2.77%となっています。勝率は50%以上、平均損益もプラスであることから、「節分天井彼岸底」の格言は、今回の検証では正しくないという結果になりました。また、1トレードあたりの平均損益がプラスであることから、2月初旬から3月末にかけては、上昇する傾向が強いといえるでしょう。

さらに詳しく確認するために、年別の検証結果も見てみましょう。

システムトレードの達人

システムトレードの達人


上記が、年別の検証結果です。黄色の網掛けは、「節分天井彼岸底」にあてはまった年です。年別でみても、「節分天井彼岸底」の格言通りに推移しているとは言えないでしょう。特に、規則性も感じられないため、「節分天井彼岸底」はあてにならない格言といえるでしょう。

「節分天井彼岸底」という格言は、とても有名な格言の一つです。しかしながら今回の検証では、格言通りの結果とはならず、有効ではないとわかりました。相場の格言は、先人の知恵として長年株式相場で使用されています。株式相場の格言の中には、米相場の時代から言い伝えられている言葉もあります。はたして、それらの格言を鵜呑みにして投資を行うことは適切といえるでしょうか。株式投資は、本来、客観的な情報や、知識に裏付けされた理由で行うべきです。「相場の格言」を投資判断の材料にする際には、一度確認してみる必要があるでしょう。みなさんも、自分が知っている相場の格言が本当に正しいかどうかを、是非一度検証してみてはいかがでしょうか。

【期間限定】相場の格言が検証できる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください。

(このテーマでの検証については、【システムトレードの達人】を使って検証しています。記事の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。当社及び関係者は一切の責任を負わないものとします。投資判断はご自身の責任でお願いします。)