お宮参りは新しい家族誕生の初めての記念日。赤ちゃんに正式な祝い着を着せたのなら、両親の服装も赤ちゃんに合わせて正装します。

着物の場合

かつては黒留袖と決まっていましたが、最近では無地の一つ紋、色留袖、訪問着など略礼装にされる方が多いようです。髪型は着物にふさわしく、アップにしてすっきりまとめます。

kimono

最近の傾向は無地の一つ紋、色留袖、訪問着など略礼装が多い
画像提供:「晴れ着の丸昌


洋服の場合

ワンピースやスーツなどきちんとしたフォーマルな服装。赤ちゃんが主役であることを忘れないで、華美になりすぎないように心がけてください。
スーツ

時代や流行を超えて愛される上品でエレガントな授乳服兼マタニティスーツ  画像提供:「授乳服の専門店ミルクティ
 

夏場はあまり肌を露出しすぎるのもよくありませんので、カーディガンなどの羽織れるものを用意しておくといいでしょう。冬場はパンツスーツなどもお勧めします。

赤ちゃんが、お宮参り用としてベビードレスを着用する場合、ママも赤ちゃんに合わせて洋服にされてもよいでしょう。

最近の母親の服装事情

産後すぐだとまだ体型が戻っておらず、体調も本調子ではない方は、洋装を選ばれる方が多いようですね。
ワンピース

クラシック☆ロープドレス(あて布有) 画像提供:「授乳服の専門店ミルクティ
 

特に母乳育児のママは、授乳服のワンピースやマタニティ用のきれいめなワンピースが便利ですが、髪型は控えめに清楚、派手にならないように気をつけてください。

取材協力: お宮参りレンタル「晴れ着の丸昌」
授乳服の専門店「ミルクティ」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。