桜をイメージ 
優しい春のインテリア

春のインテリア

低彩度の組み合わせで上品なインテリアイメージに。

日本の春といえば桜。春のインテリアも桜をイメージしたインテリアもいいものです。桜をテーマにといってもイメージはいろいろ。上の空間は、ほんのりとした薄ピンクに淡いグレーを組み合わせています。低彩度の色の効果で、はかなげで上品。食器や壁の小物類は幾何学的な直線を意識してコーディネートしているので、モダンな和テイストの空間になっていますね。

春のインテリア

テーブルの中央には桜を一枝。さりげない演出です。

桜の花の飾り方も、一枝を横長の器に添えて飾っています。桜を大きな花瓶に、さながら木のように活けるのも素敵ですがスペースのないお部屋では難しいもの。こうやって一枝をさりげなくあしらうのも、上品で優しい空間には似合っています。

また、高さを抑えて横を強調した飾り方は、横への広がり感を演出します。テーブルだけでなく、玄関の横に長い玄関収納上などにも合わせやすいでしょう。

 

次ページは、黄色とグリーンを使った明るく生き生きとした春のインテリアをご紹介します。
ブライトカラーで生き生きと>>