なんとなく掛けていた時計がアートになる!

ウォールステッカーは、平面的なアイテムです。そのため、立体的なアイテムとの相性が抜群です。特に壁掛け時計。皆さん、壁掛け時計と言えば、柱もしくは、おおきな壁の中央あたりになんとなく掛けられている方が多いかと思います。大きな壁を壁掛け時計だけに占領させるのはもったいないです。ウォールステッカーと組み合わせることで、ひとつのアート作品にしてみましょう。

ウォールデコ

鳥が飛び交う白樺の森の小道の中に。



ウォールデコ

天井から垂れ下がるアイビーの中に。



ウォールデコ

壁掛け時計を吊り下げてみました。



今まで真っ白な壁が全く気にならなかった方も一旦、ウォールデコレーションした空間を見てしまうと、真っ白な壁が寂しく感じてしまいませんか?
お部屋の中にはまだまだインテリアを楽しめてないスペースが沢山あります。その代表格が壁です。賃貸にお住まいの方でも今回ご紹介したウォールステッカーなら原状回復を気にせず思い存分ウォールデコレーションをお楽しみいただけます。

皆さんも一度お家の壁を眺めて、頭の中で絵を描いてみてください。
もっと自由な発想でインテリアを考えられるはずです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。