シンガポールのコロニアルな建物とアート
音楽や書籍を楽しむ個性派カフェ、イヤーショットカフェ

説明文

アートハウス内にあるカフェ。シンガポールやアジア諸国のCDや書籍も展示販売。定期的にコンサートも行なわれている

説明文

カフェ以外にもショップや常設展示もあり、アート好きなら訪れたいスポット

MRTシティホール駅からほど近い、シンガポールの歴史的景観地区のアートハウスの中にあるのが、イヤーショットカフェ。シンガポール観光で訪れたいラッフルズ卿上陸地点のすぐそばに2004年にオープンしたアートハウスは、シンガポールの政府建造物の中でも最も古いといわれる、旧国会議事堂の建物を利用した施設です。館内には絵画やシンガポールの歴史的資料が展示されていて、イベントなども開催されています。カフェの他にはアートショップも入っていて、こちらでは面白いお土産もみつかります。国内アート関連のフライヤーなども置いてあるので、アート好きにはおすすめのスポット。

そんなアートハウスの中にあるイヤーショットカフェでも、もちろんアートやカルチャーが体感できます。店内に多数デコレーションされているCDはシンガポールのローカルアーティストの他アジアのアーティストのものが揃っていて、カルチャーに関連する書籍などもCDと同じく展示販売されています。店内に入るとピアノとステージがまず目に入りますが、こちらでは木曜日の19:00~22:00にコンサートが楽しめるほか、日曜日も不定期でイベントを開催しているとのこと。日本ではあまりお目にかかれない、シンガポールの音楽と本を楽しみながら時間が過ごせる貴重なカフェなのです。

説明文

シェフが自信を持って提供するメニューはどれも美味。ボリューム満点のハンバーガーに大満足

食事のメニューでは、ターキーのベーコンを挟んだボリュームあるハンバーガー、Sinfully Irresistible(12シンガポールドル)や、見た目も可愛いRaspberry Bavarois Mousse(5シンガポールドル)などが人気。また、Mee Goreng(12シンガポールドル)やシンガポールテイストの甘いコーヒーKopi(2.3シンガポールドル)など、シンガポールならではのメニューもあるので、トライしてみてはいかがでしょうか? 日替わりメニューのセットランチ(月~金のみ12.9シンガポールドル)もあるので、お昼時に利用することもできますよ。シンガポール観光の合間に、音楽を聴きながら休憩するのもいいですね。

<DATA>
■earshot cafe
住所:1Old Parliament Lane,#01-01 Old Parliament House
TEL:6883-1019(+65)
営業時間:11:00~19:00(ラストオーダー)
定休日:土・日
アクセス:MRTシティホール駅から徒歩で約5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。