親子で冬を遊んじゃおう!

イグルー作り

大人も楽しいイグルー作りやかまくら体験など、冬の東北はお楽しみイベント満載!

寒さ厳しい東北の冬。子連れならなおさら屋内を選びがちですが……それって、すごくもったいないかもしれません。せっかくの雪のある季節。雪を楽しむイベントもたくさん行われます。外に出て、親子で冬を楽しんでみてはいかがですか。
ここでは子どもと一緒に楽しめる東北の冬イベントを紹介します。

 

雪で遊ぶ! 東北の冬イベント

スキー場とは一味違う雪遊びを体験できる、東北の冬イベントを紹介します。

青森自然公園 ねぶたの里 「かまくら村」(青森・青森市)
ねぶたの里「かまくら村」

雪国体験を楽しめる、ねぶたの里の冬イベント「かまくら村」

親子連れに大人気の、ねぶたの里の「かまくら村」。村内に10数基あるかまくらには、青森りんごが品種別に飾られています。さまざまなりんごの香りを楽しむことができる「りんごかまくら」は青森ならでは! ご当地グルメ「生姜味噌おでん」など、売店で購入した軽食をこの中でいただくこともできます。

チューブで滑る大型すべり台やソリなどの遊具もたくさん。また、カクマキやわら靴などの伝統衣装も無料で貸してもらえます。雪ん子になった我が子の記念撮影も楽しいもの。

また、かまくらのまわりにはスコップが。かまくら穴掘り体験用なのですが、雪になじみのない転勤族や観光客から好評なのだそう。とにかくいろんな体験ができるので、雪があまり降らない地域にお住まいのファミリーにはおすすめです。

青森自然公園 ねぶたの里
住所:青森県青森市大字横内字八重菊1番地(アクセス
電話:017-738-1230
「かまくら村」開催期間:2013年1月15日~2月末日
営業時間:10:00~16:00
料金:高校生以上420 円、中学生230 円、小学生 150 円(ねぶた会館入館料込み)

ノースビレッジ 「スノーランブリング」(青森・十和田市)
スノーランブリング

白銀の森のお散歩をスローに楽しむ「スノーランブリング」(写真提供:ノースビレッジ)

奥入瀬渓流・十和田湖・南八甲田山麓でネイチャーツアーを展開する「ノースビレッジ」。同社開発の、雪の森や高原など冬の自然をのんびりゆっくり楽しむため「スノーランブラー」や、「スノーシュー」(西洋かんじき)を履いて、蔦の森や奥入瀬渓流などの雪の森をお散歩する「スノーランブリング」は、スキーなどのウィンタースポーツが苦手な人でも大丈夫! 子ども向けの小さいサイズ(小学生以上)のスノーシューもあるから、親子での参加も可能です。

大自然の美しい世界を、子どもにもっともっと見てもらいたい。自分も子どもと一緒にいろんな体験をしたいという方にぴったりの冬イベントです。

ノースビレッジ
住所:青森県十和田市大字奥瀬字栃久保11-253 (アクセス
電話:0176-70-5977
「スノーランブリング」実施期間:2013年3月末日まで
営業時間:8:30~17:30
料金:大人5,500円、小学生4,000円(スノーギア・ブーツレンタル、消費税、保険込)

みやぎ蔵王の樹氷めぐり(宮城・蔵王町)
みやぎ蔵王の樹氷めぐり

暖房付乗用雪上車「ワイルドモンスター号」で神秘の樹氷鑑賞スポットへ!(写真提供:すみかわスノーパーク)

限られた場所でしか見ることのできない樹氷。東北には八甲田、八幡平、蔵王といくつかのスポットがありますが、子連れなら、みやぎ蔵王の雪上車でめぐるツアーはいかがですか。

晴天時には幻想的な雪と氷の世界「樹氷原」へ、また悪天候時には、厳冬期の猛吹雪を体験できます。どちらも貴重な体験となることでしょう。

雪上車は人気のため、予約で埋まってしまうことも。早めに予約しておきましょう。

 

すみかわスノーパーク
住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内ゲレンデハウス (アクセス
電話:0224-85-3055(予約専用ダイヤル・9:00~16:00)
「樹氷めぐり」実施期間:2013年3月17日まで
料金:大人4,700円、小学生以下3,800円(座席を必要としない2歳以下の幼児は無料)

>> 次のページでは東北の雪まつりをご紹介!