株式投資で儲ける基本は、「株を安い時に買い、高くなったら売る 」です。ですか
チャートの見方をお教えします

チャートの見方をお教えします

ら、株がいつ高く、安いのかという株価の値動きを把握しなければ儲けられません。そこで、株価の動きを知るために利用するのが、株価を図に表した「株価チャート」です。


早速、株価チャートを見てみましょう。日々の株価の動きが一目で把握できますね。



チャート

色や表示の仕方はお好みにできます。Yahoo!ファイナンスより。拡大画像あり


とは言え、株価チャートをただ見ているだけでは、いつ売買したらいいのか判断に困ってしまうことでしょう。そこで、過去の株価データを元に相場の先行きを分析する「テクニカル分析」を活用します。中でも、最低限やっておきたい「トレンドライン分析」をご紹介します。

トレンドライン分析で流れを知る

トレンドライン分析とは、株価の動きから株価の方向、つまりトレンドを分析することです。なぜ最低限トレンドライン分析を行ってほしいのかと言うと、株価のトレンドに逆らって取引を行うことは、損失の発生につながりやすい行為だと考えられるからです。では、どのようにトレンドライン分析を行えばよいのでしょうか?

株価のトレンドは、次の3つに分けられます。
  1. 上昇トレンド
  2. 下降トレンド
  3. 横ばい(ボックス)トレンド

それぞれを具体的に見ていきましょう。

現状のトレンドを確認する

上昇トレンドは株価が上昇する時に現れ、右肩上がりになります。株価上昇時の安値と次の安値(押し目)を結び、下値支持線を引きます。チャートに引いた下値支持線の所が上昇トレンドになります。

チャート

上昇トレンドのチャート。Yahoo!ファイナンスより。拡大画像あり



下降トレンドは株価の下落局面に現れ、右肩下がりになります。株価下落時の高値と高値を結ぶことで、上値抵抗線を引きます。チャートに引いた上値抵抗線の所が下落トレンドになります。

チャート

下落トレンドのチャート。Yahoo!ファイナンスより。拡大画像あり


横ばいトレンドは、株価が並行に推移していて、前述の上値抵抗線と下値支持線引の間を行ったり来たりする時に現れます。チャートに線を引いた所が横ばいトレンドになります。

チャート

ボックストレンドのチャート。Yahoo!ファイナンスより。拡大画像あり



株価はいったん動き出すと、一定の方向に動く傾向にあります。ですから、トレンドの分析を行って、そのトレンドに沿うように取引するわけです。たとえば、上昇トレンドが続く間は買いという風にです。

変化を見逃さないことが大事

しかし、上に挙げた株価チャートを見てわかるように、トレンドがずっと続くわけではなく変化します。たとえば、上昇トレンドや横ばいトレンドにある株価が下値支持線を下回る場合、買った時よりも株価が値下がりすれば損失が発生してしまいます。そうならないように、トレンドが変化する時には、早めに株を売却してしまう等の対応をとらなければなりません。

株価チャートについては、「Yahoo!ファイナンス」や証券会社等でも見ることができます。分析と言うと小難しく感じるかもしれませんが、株価の値動きに慣れて株力を上げるためにも、できれば株価チャートを毎日見る習慣をつけることをおススメします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。