桜をかたどったLEDによるイルミネーション

いわき光のさくらまつり

いわき光のさくらまつり

福島県富岡町にある桜の名所「夜の森の桜」。

毎年見事な桜を咲かせていた並木道ですが、現在は、原発事故の影響で立入禁止区域となっていて2011年、2012年と一般の人には観られることなく咲いていました。(原発事故後のYoutube映像)

富岡町の多くの町民が避難してきているのが、隣接する福島県いわき市。そのいわき市で復興への願いと、富岡町から来ている人が少しでも心休まってほしいという願いで、2012年から駅前の大通りに「いわき光のさくらまつり」としてイルミネーションが飾られるようになりました。
使っているLEDは一つ一つが桜の花びらをモチーフにしたもの

使っているLEDは一つ一つが桜の花びらをモチーフにしたもの


派手派手しいピカピカのイルミネーションとは違いますが、使っているLEDは一つ一つが桜の花びらをモチーフにしたもので、とてもあたたかく、どこか懐かしささえも感じるイルミネーションです。

■いわき光のさくらまつり
開催場所:常磐線いわき駅前
URL:いわき市観光情報サイト
都内からのアクセス:
(電車)上野駅からスーパーひたちで約2時間
(車)常磐自動車道(三郷IC→いわき中央IC)約2時間

2012年の開催期間:
11月24日(土)~2013年1月13日(日)
点灯時間 16:00~22:00(12/31のみ27:00まで点灯)
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。