弘前公園は桜の名所で、なおかつ散歩にも最適

 

 

 

 

 

 

津軽氏が築きあげた城、弘前城。津軽藩の中心として260年もの間栄えた居城は、城門や天守閣が当時の大きさのままに残された重要文化財でもあります。天守閣は小さいながらも素晴らしく、現存天守12城のうちでは、最北端に残っているものでもあります。

お城の周辺は弘前公園となっていて、桜の名所としても有名です。5月の桜祭りの時期は、満開の桜が天守閣周辺を埋め尽くします。お濠の赤い橋と弘前城、そして桜のセットは最高のフォトスポット。夜にはライトアップもされるので、夜桜を楽しむこともできます。

そして、この弘前公園はとにかく広く、美しいです。まったりと散歩をするには最適。桜以外の植物も多く、夏はたくさんの緑、秋は菊やもみじ、冬は雪化粧した木々と四季によって違う面白さがあります。

駅からも徒歩で向かうと約20分、公園の敷地も広いので歩きやすい靴で行くことをオススメします。


■弘前城
住所:青森県弘前市下白銀町
アクセス:JR弘前駅より弘南バス市役所方面行15分、市役所前公園入口より徒歩5分
営業時間:弘前城史料館9時~17時(入場~16時30分)
料金:(大人)公園有料区域料300円
URL:http://www.hirosakipark.or.jp/hirosakipark/(弘前城史料館)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。