2012年末に政権が交代し、株価も少し上がり経済環境の好転が期待されるものの、収入はなかなか増えず、消費税率も上がることから、多くの人がいかに家計をやりくりしていこうか悩んでいるようです。

オリックス生命の『夫婦関係と家計に関する実態調査』では、2012年11月に全国の20歳~59歳既婚男女(有効回答数1000サンプル)を対象として、現在の夫婦関係や家計に関する状況・意識等の調査をしています。その中から、現在の家計状況がよく表れている、家計に関する状況・意識と家計の見直しについて取り上げてみました。

76.5%が家計が厳しいと回答!

下記の図は、「家計に関する状況や意識」を調査したものです。
家計に関する状況や意識(オリックス生命保険調べ)

※クリックで拡大します※
家計に関する状況や意識(オリックス生命保険調べ)

「家計が厳しい」では、あてはまる(非常にあてはまるとややあてはまるの計)の割合が76.5%にもなり、「将来に備え、家計を見直す必要がある」にも、あてはまる(同上)の割合が80.9%と非常に高くなっています。さらに、「今年(2012年)は夫婦の貯蓄残高は減少傾向」でも、あてはまる(同上)の割合が70.3%となっています。

これらの結果から、多くの人が貯蓄を切り崩して生活費に充てるほど家計が厳しく、家計を見直さないとやっていけない、というのが実態のようです。

ただ、「配偶者のこづかいを減らしたい」については、あてはまる(同上)の割合が31.8%しかありません。厳しい家計の中でも、こづかいはまだ聖域となっているのであればまだ救われますが、既に極限まで減らしているので、これ以上減らすことに否定的なのだとしたら、一刻も早く家計を見直すべきでしょう。

>>消費税率がアップしたら、家計で見直したいものとは? 結果は次のページへ