ロダンの作品約6600点を収蔵「ロダン美術館」

 

 

 

 

 

 

「考える人」の彫刻で有名なあのロダンの作品を、20世紀初めまでロダンが作品づくりに取り組みながら暮らしたロダン邸で、たっぷりと堪能できるロダン美術館。パリの大きな美術館巡りに疲れたら、ここは是非訪れて、庭園内でゆったりと気のむくままに作品を眺めるには最適の場所です。

パリ7区、ナポレオンが眠っているアンヴァリッドから徒歩5分ほどで着くという絶好のスポットでもあるロダン美術館へは、美しいアレクサンドル橋を渡り、アンヴァリッドを臨む芝生を横切ると辿り着きます。行く道の途中、パリらしいスポットをついでにまわれるのもその魅力のひとつと言えるでしょう。

広大な庭の中で、噴水の中や木々の間などをはじめ、至るところにロダンの彫刻が飾られており、それはまるで散歩道に隠された宝物を見つける楽しさをも提供してくれています。彫刻の数は、庭園、館内のとを合わせ、約6600点にものぼるのだそう。代表作の「考える人」「地獄の門」「大聖堂」なども当然見ることができます。

天気の良い日は庭のベンチに座って休憩をしながら、その偉大な作品と共にイマジネーション豊かな時間が過ごせます。また、数多くのデッサンも保存されており、ロダンの知られざる一面に触れることもできるでしょう。

ロダン美術館併設のカフェもあるので、小腹が空いた時も大丈夫です。


■ロダン美術館
住所:79, rue de Varenne - 75007 Paris
TEL:+33 (0)1 44 18 61 10
アクセス:Varenne (13番線) or Invalides (13番線/8番線)
開館時間:10:00-17:45(10月-3月は9:30-16:45、受付は閉館時間の30分前まで、月曜休館)

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。