大理石のテーブルと革張りの椅子でスイーツが楽しめる

 

 

 

 

 

 

日本にも店舗があるためか、有名なわりにパリ本店に行ったことがある人は少ない気がする「アンジェリーナ」。同店を代表するお菓子と言えばモンブランですが、濃厚な甘さゆえに好き嫌いが分かれるというのも本店に行かない理由の1つなのかもしれません。

しかしながら、ルーヴル美術館近くのリヴォリ通りに面した本店は1903年創業で、英国王ジョージ5世をはじめ、作家マルセル・プルーストや彼のココ・シャネルも通ったという、パリでも指折りの名店です。

優雅でクラシカルなインテリアの中、大理石のテーブルと革張りの椅子で頂くスイーツは、日本では決して味わえない雰囲気と経験。日本でも食べられるから、なんて言わずに足を運んでみてください。

モンブランは苦手という人には他にも美味しいケーキがたくさんありますし、甘さを緩和するために一緒にさっぱりしたドリンクを頼んでもいいでしょう。逆に私みたいな超甘党なら、パリ本店での定番セット、モンブラン+ショコラ・ショーにトライして!


■アンジェリーナ
住所:226 rue de Rivoli, 75 001 Paris
TEL:+33 (0)1 42 60 82 00
営業時間:月~金 7:30~19:00/土・日 8:30~19:00
定休日:無休
アクセス:Tuileries(メトロ1号線)から徒歩1分
ホームページ:アンジェリーナ

※上記データは記事公開時点のものです。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。