体がとにかくデカかったアンドレ・ザ・ジャイアント

昔はゴールデンタイムにプロレスをやっていたりして、女ながらに毎週観ておりました。いろいろなレスラーがいる中で、アンドレ・ザ・ジャイアントはすごい! 何がすごいかって、名前の通り、体がとにかくデカかったのです! 子供ながらになんてデカイ人なんだろう……と、まるで怪獣を見るような感じで、目が離せなかったのを覚えております。

公式発表によると身長は223cm、体重は236kgだったそう。兄が持っていたプロレス大百科に「アンドレはレスラーになる前は山できこりをしていてスカウトされた」と書いてあり、そのエピソードが忘れられないでいたのですが、どうやらそれはガセネタのようです。

小学校時代、よくプロレスのことを一緒に話していた男の子の友人がいて長年音信不通だったのですが、1993年にアンドレがなくなった時、「アンドレが死んでしまった!」と連絡をくれたくらい、当時プロレスを見ていたちびっ子の心に残っていたプロレスラーだったと思います。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。