安心でき心地よい空間になると、わんちゃんも精神的に落ち着く

 

 ハウスを置く場所は、騒がしくなくて、人の動きが見渡せる場所がよい

 

 気持ちのよいカドラーで寝床を作ってあげよう


室内で犬を飼うことになった時に一番重要なのは、わんちゃんにとって、心地よい、落ち着く空間を作ってあげることです。そのためにも、わんちゃん一匹一匹にハウスを用意してあげましょう。

ハウスは、無理なく寝ることができて、屋根付きで大きすぎないことが重要です。犬は人間と違い、狭くてぴったりとした空間の方が落ち着きます。そこに、気持ちのよいタオルやクッションで寝床を作ってあげましょう。

ハウスを置く場所は、騒がしくなくて、人の動きが見渡せる場所がよいです。
これは、人の出入りの激しい場所近くにハウスを置くと、うるさくて、中にいるわんちゃんも落ち着きません。かといって、だれも通らない、いない場所だと寂しがるので、家族の動きがわかっていて、なおかつ静かな場所がよいです。

我が家ではリビングの隣の部屋の端にハウスを置いています。リビングが見渡せる場所だけど、人の出入りはほとんどないので、とても落ち着き安心できるようです。

お留守番時は扉を閉めています。それ以外は出入り自由です。

おやつやごはんをハウス内でやり、ハウスはとても良い場所であると教えてあげましょう。ハウスに慣れておくと、入院した時や、ペットホテルに預ける時にもストレスが軽減されますし、お留守番もハウス内で安心して過ごすことができます。

それから、家族の集まる場所にもわんちゃんの場所を作ってあげましょう。2枚目の写真のようなカドラーをおいてあげてください。背中が何かに当たっていると安心するようなので、クッションではなくて、カドラーのほうが良いと思います。

室内が、安心でき心地よい空間になると、わんちゃんも精神的に落ち着くので、家族(人間)もわんちゃんも気持ちよく暮らせます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。