自動車は長く乗り、支出を抑える傾向に

家計にやさしい自動車ローンは本当にやさしいのか?

自動車は安く買って長く乗りたい。そのための残価設定ローン?よく知っておこう。

景気の影響もあり、最近の自動車保有の事情はずいぶん変わったように思います。自動車検査登録情報協会のデータを見ると自動車離れと言われているにもかかわらず、その保有台数は今年も増えています。しかし、何年自動車に乗るのかというと、5年ほど前は3,4年で乗り換えているデータなのに対し、最近は7,8年。1台を長く乗り、車に関する支出を抑えようとする行動に変わってきているとも言えそうです。

自動車に関する支出を抑えようとする動きは、自動車に何年乗るかということのほかに、所有の方法にも変化をもたらせています。自動車本体そのものも、エコカーなどに変化し、減税などもあり、維持費がかかりにくくなっているため、月の負担を抑えながら所有するという人も多くいます。また、所有するのではなく、借りて月の車費を抑えようとする付き合い方も増えてきています。こういう自動車に関する支出を抑えることは、家計を見ているとかなりの方が取り組んでいます。

家計にやさしい?残価設定ローン

最近売り出しやすく、また人気なのが「残価設定ローン」です。3年後、5年後には自動車をディーラーに買い取ってもらう約束で、その下取りの予想価格をあらかじめ引いて分割払いをするというローンです。以前から存在したローンですが、自動車をより低価格で持つことができるため、最近はほかのマイカーローンに比べ利用する人が増えているそうです。中古車でもこのローンの対象になるものもあり、中古車購入でで利用する方もいます。

最大のメリットは、3年後、5年後の下取り価格分をあらかじめ引いてローンを組むので、通常のマイカーローンよりはローン総額が抑えられ、結果毎月の返済額もぐっと抑えられることです。ただし、維持費は別途かかります。
ローンが終わるころには、1、その車を買い取る 2、車を返す 3、新車を新たに買う という3つの選択肢から今後を選ばなくてはいけません。限られた予算の中で、維持費が安いエコカーなどを保有することを考えると、買い取ることを念頭におき少しずつ蓄える、または再度ローンを組む覚悟で、残価設定ローンを利用することも悪くはないでしょう。

残価設定ローンの落とし穴

残価設定ローンでは先に述べたように、ローン金額自体が普通に購入するよりも少なくなるのでお得な感覚になりがちですが、実は金利は通常のマイカーローン、ディーラーローンよりも高く設定されています。総額の安さに気を取られ、見落としがちな点です。
11月の時点では6%前後の金利が設定されています。もちろん、ディーラーなどにより設定は異なりますが。

また、残価についても、あらかじめローン終了時の下取り価格より若干少なめに設定されていることが多いと言われています。何か小さな傷などで査定額が下がってしまうことに備えているようにも見えますし、実際の買取時に高く査定できることで、次の自動車への購買意欲を出す目的もあるかと思います。

もし、途中で事故などがあり修復歴があったり、自分で改造していたり、予想外に不人気車になってしまったり、規定された走行距離以上に使っていたりすると、買取以外の場合は予定外の差額を請求されたり、事故などの状況によっては買取を余儀なくされる場合もあるようです。これが念頭に置いておきたいデメリットと言えると思います。