毎月の支払負担が少ない“残価設定ローン”

トヨタも本腰! 残価設定ローンの○と×
残価設定ローンってよくきくけど、どういう仕組みなの?
車のローンの形態の一つに、“残価設定ローン”があります。リースと同様に残価を設定するので、一般のリースとの違いが分かりにくいものですが、実際は大きく異なります。

どんなものかというと、車の購入代金から、3年~5年後の下取り価格をあらかじめ差し引いた金額でローンを組むというものです。そのため購入価格がグッと抑えられ、毎月の支払額も低くなり、一クラス上の車にも気軽に乗ることが出来るというものです。

業界最大手のトヨタ自動車も、数年前にテレビコマーシャルで残価設定ローンを広めました。残価設定ローンは、果たして毎月の支払いにゆとりをもたらしてくれて、賢いお金の使い方になるのかみていきましょう!

残された“残価”はどうなる?

“残価設定ローン”を組むと、毎月支払うのは「残価」以外の車の購入代金ですから、当然支払額は下がるでしょう。でも、残っている残価は払わなくて良いのだろうか?という疑問が浮かんできますよね。ローン会社も商売ですから、そんな大胆な冒険をしてしまうと会社が潰れてしまいます。残っている「残価」の支払いはなんと最終回にドンっとまとめてやってくるのです!

そう聞くと、「最終回の支払い時期までに残価を払えるくらい貯金しなくちゃ!」と考えがちですが、それがそうでは無いようです。となると、どうなるのでしょう?

ローンの最終回が近くなると「そろそろ最終回ですがどうしますか?」とローン会社からも、車を買ったお店からも案内が来ます。その時にどうするかは3択で選べます。

1.「新しい車に乗り換えようかな」 ~新車に買い替える
2.「この車、飽きちゃったからもう乗らないなぁ」 ~車を返す
3.「しっくり来るし、手足の一部。気に入っちゃった」 ~自分で車を買い取る

それぞれの場合、残価はどうなるのか見ていきましょう。

“残価”は3つの選択肢

トヨタも本腰! 残価設定ローンの○と×
残価はどういう風にするといいのか。選べる3つの選択肢。
1.新車に買い替える
5年くらい車に乗ると、新しい車に目が向きだします。自分の車にはない最新の装備がついていたりなんてことも珍しくはありません。買ったときはリモコンキーが先端だったのに、今ではキー自体を携帯しているだけで良いなんて車も当たり前。そんな隣の車がうらやましくなってしまったときは買い替えたくなるものかもしれません。そんな場合は、車を買った会社で新しい車に買い替えると、今の車の残価の支払いがナント不要になってしまうのです!

2.車を返す
新しい車に目が向きだすのと同様に、時間が経つと生活環境が変わったりもします。結婚したり、子供が生まれたりとライフイベントも発生してきます。今の車を買ったのは独身時代。でも今は結婚して結婚相手の車をメインに使うようになったので、自分の車は乗らなくなってしまった、ということもあるでしょう。そういったときには、最終回の支払いのときに車を買った会社に車を返してしまうと、これまた残価の支払いが不要になります。

3.自分で車を買い取る
車にこだわりはないという人も、車に乗り始めると愛着がわき始めるものです。道具と割り切って買った車も、今では家族の一員という方や、今の車がいままでで一番気に入ったし、最新の車よりも今の車のほうが良いという方もいることでしょう。そういう場合は最終回の支払いの時に、残価を一括払いか再度の分割払いを組むと、そのままその車を自分のものにすることが出来ます。

車を買い替えるか、返却すれば残価の支払いは不要ですし、買い取ることも可能なこの「残価設定ローン」。残価の分があらかじめ据え置かれているので、確かに通常のローンを組むよりも毎月の支払額を下げることが出来ますし、同じ支払いなら一クラス上の車に手が届きやすいでしょう。これらの部分が、“○”といえますね。

しかし、こんな良い話ですから、やはり気をつけなければならないこともあります!

気をつけよう!こんなこと。“×”部分!

トヨタも本腰! 残価設定ローンの○と×
でも、ヤッパリ気をつけなくてはいけないこともある。デメリットも。自分には利用してメリットがあるか検討しよう。
月々の支払いが低く抑えられる残価設定ローンですが、利用するに当たってはいろいろと条件もあります。ディーラー系の残価設定ローンは対象車種の幅がかなり広がりましたが、中には検討している車が当てはまらないために利用できないということもあります。

ある自動車メーカー系の残価設定ローンでは、車を買ったお店でないと買い替えや返却を受け付けてくれないという条件もあるようですから、転勤がある方は利用しにくい場合もあります。

最近では、ある程度の傷や人気の変化などは残価に影響しないとする「残価の保障」をするところも出てきています。ですが、ドレスアップをしていたりすると、返却時はノーマルに戻す必要がある場合もあります。買った時は人気車でも流行の変化で不人気車になっていた、車の傷が保障されないほどひどかった、事故歴・修復歴がある、規定の走行距離をオーバーしてしまうなどが影響し、設定された残価との差額を支払わなければならないなんていうこともあり得ます。

また、最初から自分で買い取ることを考えている場合、必ずしも得するとはいえないケースも出てきます。例えば車両価格200万円の車をオプションや諸費用を含む、総額250万円で契約するとします。全額ローンで5年間均等払いの60回(実質年率5.8%)という状況。毎月の支払額は48,000円(初回調整分を除く)となり、総支払額は288万5989円となります。

これを5年後の残価を車両本体価格の30%と設定して、5年間均等払いの60回(実質年率5.0%)の残価設定ローンを組んだ場合、毎月の支払額は38,800円と大きく下がりますが、総支払額は289万7035円と僅かな差ですが、通常ローンを上回ってしまいます。

やっぱり比較が大事

残価設定ローンは15年ほど前からあったもので、「据置払い」として利用されていたものでしたが、工夫が凝らされ、今では多くの会社が取り扱っています。仕組みや金利などの細かな条件は各会社で違い、会社のよっては残価設定のデメリットを少し変化させて、違うローンとして存在していたりします。多様に取り扱われているこの残価を設定するタイプのローンは、毎月の支払い額が低くなるのは間違いないようです。

しかし、3年もしくは5年後に車を返すことが基本になっていること、事故や車の状態により残価が下がり損失が出てしまうこと、もしくは総支払額で比較するとローンよりも高上がりになるケースなど、残価設定ローンには注意が必要な点もあります。広く利用されるようになるまでには、もう少し時間がかかるでしょう。その間に自分の車の乗り方を含めて、じっくり検討して利用すべきかどうか見極めることが大切です。

【関連記事】
ローンとリース 車を持つならどっちがお得?
自動車ローン「影の値引き」をしてもらおう!
自動車ローンは金利さえ低ければいい!?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。