日本車かフォルクスワーゲン『up!』か?

フォルクスワーゲン「up!」

フォルクスワーゲン「up!」

フォルクスワーゲンのコンパクトカー『アップ!』は日本車からの乗り換えが驚くほど多いという。コンパクトカーだけでなく、軽自動車のユーザーまで目立つそうな。こういった状況、今までになかったこと。確かにアップのベーシックグレードの価格は149万円。日本車を買う予算で十分手が届く。

アップと同じクラスの日本車である『トヨタ・パッソ』は1リッター3気筒エンジンを搭載。ボディサイズが全長3650mm×全幅1665mm×全高1535mm。アップの3545mm×1650mm×1495mmと、ほぼ同じ。燃費はパッソ21.2km/Lでアップ23.1km/Lが優勢。

乗るとどうか? こらもうお話になりません。パッソは乗り心地が悪く(道路のデコボコを全て拾う感じ)、軽自動車と全く同じレベル。エンジンだって全ての回転域で賑やか。一方、アップのハンドルを握ると仕上がりの良さに圧倒される! なかでも乗り心地の良さと来たら秀逸。

エンジンも高回転まで振動を出さずキッチリ回ってくれる。誰だって違いが解るほど。唯一の「少し違和感ありますね」は『AMT』と呼ばれる特殊な5速AT。普通の5速マニュアルミッションを油圧で制御するタイプで、日本車に無い。「慣れ」と「好き嫌い」があると思う。

素晴らしいのが安全性。アップには『シティエマージェンシーブレーキ』と呼ばれる自動停止機能付きのブレーキが標準装備される。走行中、前方の障害物をレーザーレーダーで常時監視。追突などの危険性があれば自動で急ブレーキを掛けてくれるというもの。時速30kmまでなら衝突を防止します。

この手の装備、日本車だと2リッター級以上のクルマにしか装備できない。アイサイトという素晴らしいシステムを持つスバルすら、1.6リッター車への設定無し。安全製を重視するなら高いグレードを買わなくちゃならないワケ。アップなら149万円のベーシックモデルでも標準装備される。

ちなみにアップはシティエマージェンシーブレーキだけでなく、横滑り防止装置やサイドエアバッグまで標準装備。パッソの1リッターモデルに横滑り防止装置とサイドエアバッグを付けたら142万8650円と、ほとんど変わらない価格になってしまう。安全性を考えるならアップって魅力的だ。

3ドアハッチバック

3ドアハッチバック

そうそう。149万円のアップは3ドアハッチバックで、5ドアハッチバックを選ぶと168万円になる。リアシートの使用頻度が多いなら5ドアハッチバックもいいけれど、基本的に1人か2人であればシンプルな3ドアハッチバックで何ら問題ないと思う。新車でコンパクトカー買おうとしているなら、アップも検討してみたらいい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。