日本のビールよりカラフルですっきりした味わい

 

 

シンガポールといえばタイガー、タイといえばシンハーなど、その国を象徴するビールは日本でも飲むことができますが、インドのビールは日本ではあまり知られておらず、なかなか飲めません。そもそもイスラム教徒やヒンドゥー教徒が多いインドでは、飲酒を好まない人も多く、お酒を飲めないドライデーもあります。しかし、観光施設の周辺や観光客が多いホテルの周辺では、お酒を提供しているレストランやバーがあり、インド産のビールを飲むことができます。

インドのビールでよく目にするのは、インドの最大手のビール会社でカワセミの絵柄のKingfisherビールです。実は、国際的なビールフェスティバルでも賞を受賞しているビールです。

そのほか、GodfatherやMaharajaビールなど、シックな絵柄やデザインが多い日本のビールに比べて、ラベルにカラフルな色が使われおり、持ち帰るには重いのですがインパクトがあるお土産になります。ビンのものから缶のもの、プレミアやストロングなどさまざまな種類があります。

味は、暑いインドにぴったり! ゴクゴク飲めるすっきりした味で、日本のビールより少々薄く感じます。しかし、暑いときに飲むにはぴったりで、男女問わず喜ばれるお土産になります。

■Kingfisher beer
購入場所:スーパーマーケット、レストラン
URL:www.kingfisherworld.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。