オーストラリアは紫外線が強いので、日焼け止めをお持ち下さい

日焼け止め

日焼け止め

南極圏のオゾンホールがオーストラリアの南部まで広がることもあるなど、オーストラリアでは紫外線の増大が問題になっています。強い紫外線によって日焼けはもちろん、肌荒れ、目への負担などのダメージなどが予想されます。美白を気にする女性だけでなく、男性もオーストラリアでは日焼け止め使ったほうがいいと思います。

そんな現状のオーストラリアですのでもちろん、日焼け止めは店頭でよく見かけますが、品質はやはり日本のもののほうが日本人には合うと思います。オーストラリアのものは、白くなったり油っぽかったりとあまりいい評判は聞かないので、日本から持っていくことをオススメします。

また、オーストラリアの日焼け止めのSPF値は最高30です。SPFはUVB波をカットする時間です。SPF1で20分なのでSPF30ですと、30×20分=600分。つまり10時間程度のUVB波カット効果が期待できるということです。それ以上あっても意味がないという考えからSPF30が最高となっているようです。SPF値よりもこまめに塗りなおすことのほうが重視されるようです。

そしてもう一つ、皮膚が黒くなる原因のUVA波をカットする指数を表すPA値にも注目です。日本のもののように、PA+++はあまりオーストラリアでは見かけません。肌が黒くなりやすい日本人としては、やはりPA値が高いものを持って行きたいですね。

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。