クラシック通になれる!? 年末年始のTVに注目!

年末年始はTVでおすすめのクラシック番組がたくさん。手軽にクラシックを見て聴いて楽しむチャンスです。2012/2013年末年始に必見必聴の番組をご紹介します。
※放送はあくまで予定です。時間・内容に変更がある場合もございます。

ミラノ・スカラ座2012/2013シーズン開幕公演『ローエングリン』

2012年12月24日(月)午前1:15~(NHK BSプレミアム)
ローエングリン

『ローエングリン』を今をときめくヨナス・カウフマンで

オペラハウスのシーズンは、秋冬に始まり、翌年の初夏に終わります。世界三大オペラ歌劇場の一つであるミラノ・スカラ座の新シーズンは2012年12月7日に開幕。その全世界のオペラ好きが注目する公演が早くも放送されます。指揮者は総監督のバレンボイム。歌劇『ローエングリン』は、ドイツ・オペラの巨匠ワーグナーの人気作で、騎士になった白鳥が活躍する幻想的なストーリー。結婚式でお馴染みの結婚行進曲「タン、タータターン。タン、タータターン」はこのオペラの曲です。人気テノールのヨナス・カウフマンに注目です。


華麗なるオペラの世界 ミラノ・スカラ座

シモン・ボッカネグラ

『ピーター・グライムズ』は演劇的な舞台にも注目 (C)photos Marco Brescia/Teatro alla Scala

NHK BSプレミアムの「プレミアムシアター」では、12月25日(火)から4晩、ミラノ・スカラ座の過去の人気公演を放送。オペラの殿堂の華麗な舞台が楽しめそうです。

2012年12月25日(火)23:45~(NHK BSプレミアム)
ヴェルディ:歌劇『シモン・ボッカネグラ』

音楽監督のダニエル・バレンボイムが指揮。3大テノールとして人気を博したプラシド・ドミンゴが登場するのも楽しみです。

2012年12月27日(木)00:40~(NHK BSプレミアム)
ブリテン:歌劇『ピーター・グライムズ』

2013年が生誕100年のイギリスの作曲家ベンジャミン・ブリテンの人気作。

2012年12月28日(金)00:00~(NHK BSプレミアム)
ビゼー:歌劇『カルメン』

1984年グルジア生まれの若きメゾ・ソプラノであるアニタ・ラフヴェリシヴィエがタイトルロールを。ドン・ホセには、ここにも人気テノールのヨナス・カウフマンが登場。

2012年12月29日(土)00:15~(NHK BSプレミアム)
ワーグナー:『ニーベルングの指環』から「ジークフリート」

上演に4夜かかる壮大な作品の3作目に当たる作品。CGと融合した舞台に注目です。


東急ジルベスターコンサート

2012年12月31日(月)23:30~24:45(テレビ東京)
18年目を迎える人気シリーズ。トークを交えた親しみやすい進行で、今年は藤岡幸夫が2回目の指揮棒を持ちます。ハイライトはもちろんカウントダウン。0時の新年ぴったりに演奏が終えるように曲が演奏されます。毎年ハラハラドキドキですがさすがプロ。ピッタリ無事に新年を迎えられるのです。

今年は、エルガー作曲の『威風堂々』を演奏とのこと。今年もうまく新年を迎えられるでしょうか?