お礼の言葉を添えて手渡しするのがベスト

結婚式には参列せずに、結婚のお祝いのみをいただいた方へのお礼として、結婚式後1カ月以内に内祝いとして贈り物を用意します。

相場としてはいただいたものの半額が目安です。内祝いののしを付けるのを忘れずに。

■内祝いの相場
内祝いの相場は、基本的にいただいたものの金額の半額を目安に考えれば良いでしょう。

■品物の選び方
とくに「これでなくてはならない」といったような決まりはありませんので、先方が喜びそうなものを贈るように心がけましょう。最近ではカタログから自分の欲しいものが選べるギフトなども充実しています。これらを利用してもよいと思います。

■渡し方
基本的に、夫婦になったご挨拶とお礼をかねて、2人でお礼の品を持参するのがベストです。遠方の人に対しては、のしを付けたものを発送しましょう。ひとことお礼のお手紙を添えるのも忘れないようにしましょう。

会社などから連名でお祝いをいただいた場合には、新婚旅行のお土産などを用意して一人ずつお礼を言いながら渡すとよいでしょう。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。