大人数で予約して団体割引を狙う手も

■交通費や宿泊費の負担方法
宿泊費については、あらかじめホテルを予約して泊まってもらう(式場とホテルが併設タイプの場合は、部屋がそのまま荷物置き場&着替えの部屋になるので招待者の手間が掛からず喜ばれる)場合と、ホテルの相場に相当する額を包んで渡す場合があります。

交通費についても、交通手段が不便な地域の場合(離島など)はあらかじめ予約・手配するほうが喜ばれます。

このほか、貸切バスを仕立てる方法もあります(式場によっては送迎バスを出してくれる場合もあります)。

交通手段が選べて便利な場合は、相当額を包んで渡します。

■交通費や宿泊費の総額を見積もる方法
周辺の相場をリサーチして、切りのいい額で人数分を掛け算します。

■交通費や宿泊費の負担を軽くする方法
回数券や、大人数を予約することで団体料金を適用してもらう、などの方法があります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。