お車代に使う新札やポチ袋は多めに用意

結婚式の当日は、新郎新婦はとにかく忙しく、招待客一人ひとりに会ってお礼やお車代を渡すのは難しいです。そのために、まずは式の最低1週間前にはお礼やお車代を渡す「リスト」を作っておくのがおすすめ。お車代に一番必要なのは新札の千円札なので、多めに両替しておきましょう。また、祝義袋やポチ袋なども、多めに用意しておくと、招待客が急に増えた場合に対応できます。

■渡すべき相手と金額の相場、またはタイミング
当日、新郎新婦は様々な行事に追われますので、大抵は親が挨拶を兼ねて、お車代を渡しに行きます。事前に頼んでリストを渡しておくといいでしょう。

まず、招待客の主賓・乾杯の発声をお願いした人には、頼んだ親側から受付後に渡すのがマナーです。主賓の場合は、両方の家から一人ずつ頼むのが一般的です。これも受付後、目立たないように挨拶を兼ねて渡します。渡す相場は1万円以上です。

また、遠くからの招待客の場合、親族なら親からお車代を渡します。これからの付き合いもありますので、相手に気を遣わせない金額(新幹線の料金に相当する2万~3万円が妥当)を包み、受付後、挨拶を兼ねて渡します。それ以外の友人や知人などの場合は、受付で手渡してもらうといいでしょう。

仲人(媒酌人)をしてくださった人には、披露宴終了後、別室で両親が揃って渡します。相場だと1万円以上、これも遠方だと新幹線の料金相当の2万~3万円が妥当になります。お礼とは異なるので、別の祝儀袋を用意しましょう。

■渡しそびれてしまったら
もし、当日に式の準備を手伝ってくれた友人や知人にお礼やお車代を渡しそびれたときは、なるべく早く、お礼状とともに品物やギフト券など送るといいでしょう。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。