現代の「大掃除」は「大片付け」

全景

モノの少ない状態なら、掃除はラク!

年の瀬も迫ってまいりました。「大掃除」というキーワードが、日に日に心を憂鬱にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも、モノの多い現代の住居では、年末の大掃除は「掃除」に行き着くまでが大仕事。現実は、「大片付け」になっているお宅が少なくありません。





台所を制する者は大掃除を制す

その中でも、最も多くのモノを抱え込む「台所」は難所中の難所。読者アンケートでも、「見られることに抵抗がある」という回答が8割を占めています。片付けも、掃除も、モノさえ少なければ楽勝。気持ちよく年が越せるはずです。

では、どうやって台所のモノを減らせばいいか? 今回は、「台所の片付け術」をランキング形式でみていきましょう。

第5位 よく使う調理用品を選抜

調理用品

調理用品はいたずらに増やさず、ひとつのモノを何通りにも使う工夫を

鍋やフライパンから竹串に至るまで、台所に占める調理用品の割合は大きいもの。片付けに悩んでいる人の持つ台所用品の特徴は、「同じものが何個もあること」「便利なアイディア商品が使われずしまわれていること」です。

同じものが何個もある場合は、全部を絶対使う場合を除いて、「いちばん使いやすいものを1個だけ残して、後は処分する」。使っていないアイディア商品は、便利だけどあなたの調理スタイルには合っていなかったのです。潔く処分しましょう。


第4位 食器を入れ替え制にして収納

食器

常備する食器は、管理できる数だけに。時々入れ替えて楽しむのもアイディア

食器も、ついつい増やしてしまうモノの一つです。料理ごとに違う食器でいただくのは楽しいものですが、収納しきれない食器があったり、奥にしまいっぱなしで使っていない食器があるなら、それは「持ちすぎ」。

あれこれと収納を工夫するよりも、いったん、手持ちの食器の半分を箱に入れて、納戸などにしまってみてください。驚くほど台所が片付けやすくなるはずです。





第3位 ストック食材の賞味期限をチェック

ストック

ストック食材。インスタントやレトルトは場所をとる割にすぐなくなる。コンパクトな乾物の使い方も知っておこう

缶詰やレトルト食品、粉類・麺類・乾物など、ストック食材が増えすぎていませんか? ある程度の備蓄は必要ですが、あまりに多すぎると、食べきれないうちに賞味期限が過ぎてしまいます。

常に賞味期限をチェックしながら、購入した順に適切に消費するようにすれば、過剰在庫となることもなく、災害時にも安心です。「増えすぎたな」と思ったら、「無買週間」を実施して在庫を調整し、ついでに家計を豊かにしましょう。


続いて、第2位と第1位の発表です>>