■かわいさも、下品も同居する世界

会田誠『滝の絵』 2007-10年undefinedアクリル絵具、キャンバスundefined439×272cmundefined国立国際美術館蔵、大阪undefinedCourtesy: Mizuma Art Gallery

会田誠『滝の絵』 2007-10年 アクリル絵具、キャンバス 439×272cm 国立国際美術館蔵、大阪 Courtesy: Mizuma Art Gallery


それは、なんにも考えてない(ように見える)ところ。
たとえば、ちょっとエロティックな作品群を見てみましょう。

『滝の絵』は美しい滝で無防備に戯れるスクール水着の少女たちを描いた4メートルもの大作です。無邪気にふるまう美少女たちは、じっと見ていると、良からぬことは何も考えていないのに罪悪感を感じてしまいそう。

ちなみに、会田氏によると、スクール水着に描かれたゼッケンには、すべて水や自然にちなんだ苗字が書かれているそう。「どんな名前が描かれているのか調べているんです!」という言い訳まで用意してくれている、見る人々への配慮も行き届いた作品です。


そのとなりには、『ジャンブル・オブ・100フラワーズ』という、未完成の新作。銃撃を受けるとなかからいちごやバニラビーンズなど、キラキラした“かわいい”ものが飛び出てくる、大量の非現実世界の全裸で走ってくる少女たち。活き活きとしているのに無機質で、かわいいのに不気味な、不思議な世界です。

ちなみに、こちらの作品はいまだ未完。会期中に加筆されていくそうなので、会期が始まったいまのうちに訪問し、そして会期末にも訪問して見比べてみるのもいいかもしれません。

『ジャンブル・オブ・100 フラワーズ』2012年- アクリル絵画、キャンパス 200x1750cm  「会田誠展 天才でごめんなさい」展示風景 森美術館 2012/11/17-2013/02/31 Courtesy:Mizuma Art Gallery

『ジャンブル・オブ・100 フラワーズ』2012年- アクリル絵画、キャンパス 200x1750cm 「会田誠展 天才でごめんなさい」展示風景 森美術館 2012/11/17-2013/02/31 Courtesy:Mizuma Art Gallery


これら、「美少女」が、さまざまな姿で多く登場するのも会田誠作品の特徴のひとつ。ときには切腹しながら、ときには手首を切りながら、ときにはオオサンショウウオと泳ぐ彼女たちは、顔立ち、スタイル、肌のなめらかさなど、本当に魅力的。なにも考えることなく眺めていられるのです。

加えて、展覧会の終盤で見られる通称「18禁の部屋」も注目。その名のとおり18歳以下のお子様は入場を遠慮いただいている場所。彼の真骨頂である、エロティックな絵がたっぷりと飾られています。

会田誠『考えない人』 2012 ロダンの『考える人』と『弥勒菩薩半跏思惟像』をイメージしたポーズを取る、会田氏の分身でもある「おにぎり仮面」undefined「会田誠展 天才でごめんなさい」展示風景 森美術館 2012/11/17-2013/02/31 Courtesy:Mizuma Art Gallery

会田誠『考えない人』 2012 ロダンの『考える人』と『弥勒菩薩半跏思惟像』をイメージしたポーズを取る、会田氏の分身でもある「おにぎり仮面」 「会田誠展 天才でごめんなさい」展示風景 森美術館 2012/11/17-2013/02/31 Courtesy:Mizuma Art Gallery



また、『考えない人』や、『スペースウンコ』(実際に会場にて、そのスケールの大きさとリアリティ溢れる作品をお楽しみください)などをはじめとする、子どもは大喜びし、大人は正視しづらい、下品と言ってしまえば身も蓋もない作品も多数。

このように、さまざまな作風、引き出し、技法を持ち表現を続ける会田誠。その魅力を知るためには、このような回顧展で全容を掴むのが一番の近道です。

年末年始も無休で、しかも22時まで開催されている森美術館。1枚ごとに情報量が多く、じっくり時間をかけて見たくなる作品が多いので、お時間に余裕を持った訪問をオススメします!


<DATA>
■森美術館「会田誠展:天才でごめんなさい」
会期:2012年11月17日(土) ~ 2013年3月31日(日)  ※会期中無休
会場:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
WEB:森美術館「会田誠展:天才でごめんなさい」

開館期間:10:00~22:00(火 10:00~17:00)
※2013年1月1日(火・祝)は22:00まで
※入館は閉館時間30分前まで

入場料:一般1,500円、学生(高・大)1,000円、子ども(4歳~中学生)500円
※本店チケットで「MAMプロジェクト018 山城知佳子」展、展望台 東京シティビューにも入場可(スカイデッキを除く)






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。