自前で用意することで、より気持ちのこもった結婚式に

私は「レストランウェディング」「人前式」「ペーパーアイテム手作り」「引出物の一部を独自に用意」によって総額150万円程度に収めました。

■レストランウェディング
専門式場よりも割安に収まることが多いです。レストランだけあって食事に力を入れてくれますし、ゲストとの距離が近いので、専門式場とは違った味わいの結婚式ができます。大人数の式や厳かな式は難しいかもしれませんが、式場より融通の利くところが多い気がします(花嫁の控え室や映像音響設備の有無等は事前に確認する必要があります)。

■人前式
神父さん等にお願いする必要が無いので、俗に言う「人件費」というものを削ることができます。最近は増えてきましたね。ゲストとの一体感を感じることもできるので、安っぽさはそれほど感じられないと思います。

■ペーパーアイテムの手作り
これは基本の節約方法かもしれません。招待状、席次表、ウェルカムボード等ですね。文具店やネットショップでは専門コーナーを設けているところも多く、材料を用意すれば(招待状なら10枚で1000~2000円前後)、無料でメーカーのホームページからデザインをダウンロードできるところもあります。ただ、式場に頼んだほうが安い場合もありますので、見積もりをもらってから決めてもいいでしょう。

■引出物の一部を独自に用意
定番のカタログギフト以外、すべて婚前旅行で買ってきたペアグラスやワイン、お菓子でまかないました。自分で用意する方が感謝の気持ちや自分らしさを伝えられると思いましたし、当初の予定より内容が増え、価格は割安になりました。

あとは、ドレスのランクを下げるのが手っ取り早いんですが、そこはなかなか譲れないかもしれませんね。一生に一度しかないイベントですから、悔いのない演出にしたいですね!

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。