【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)


まず、何のために外貨預金をするかで話が違ってきます。

円安時に利殖目的で高金利な外貨預金をするなら?

外貨預金は、バイ&ホールドしかできず、売りから入ることができず、円安の(購入する)通貨高の時しか儲かりません。売りと買いを同じようにでき、レバレッジもかけられ現受けも出来る FXに比べると、簡単ということくらいしかメリットがありません。利殖用の金融商品としては、外貨預金は過去のものだと思います。

海外出張や旅行などでカードの外貨決済が多いなら?

米ドル建て決済でしたら、SBIカード+住信SBIネット銀行の米ドル預金の組み合わせで、米ドル建てで使ったものを両替手数料なしで、ドル預金の残高で払うことができます。ほかにも Citiバンクのドルカードなどがありますが、上の組み合わせが低コストでオススメです。

他の通貨の場合は、海外での銀行口座の開設とクレジットカードの発行が必要になり、難易度がかなり高くなります。

※記載されている情報は、投稿された時点のユーザーからの情報です。
また、外貨投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。