1週間を堅苦しくとらえず、ポイント利用でフレキシブルに。
今ではハワイに来ると2週間は滞在します

ハワイundefinedヒルトン

地上38階建て、タイムシェア専用タワーとして販売されているグランド・ワイキキアンの外観。

ちょうど東京からハワイに来られていたAさん夫妻にお話をうかがうことができました。Aさん夫妻は、10年前からヒルトン・グランド・バケーション・クラブのオーナーとのこと。一番はじめにラグーンタワーを購入したのち、グランド・ワイキキアンの2LDKに買い替え、現在はさらに買い替えられて同タワーのペントハウスのオーナーです。
そもそもハワイに来るようになったきっかけは、奥様と娘さんの趣味であるフラダンスでしたが、今では月に2週間ほどハワイに滞在。1年のほぼ半分がハワイというライフスタイルなのだそうです。というのも、二人の娘さんはハワイでアメリカの方と結婚。ハワイに住んで、お孫さんもいらっしゃるからです。
タイムシェア

1年の半分ほどをハワイで過ごされているAさんご夫妻。オーナー歴は10年におよぶ

でも、ヒルトン・グランド・バケーション・クラブのタイムシェアというのは年間1週間を購入するのでは? そんなに利用することができるのでしょうか?という疑問がわいてきます。 その仕組みをAさんにたずねると、「タイムシェアで購入している週に来るのでなく、ポイントを使っているんです」と奥様。購入した部屋にはそれぞれポイントがあり、それ以外の日に宿泊する場合はポイントを使うのです。

「急に来ることも多くて、予約をとるのは大変だけど、がんばって部屋を取っています」とのこと。あらかじめ購入した1週間を使わない場合は、ポイントとして3年間繰り越して使えますし、ポイントを使い切った場合も部屋に空きがあれば、オーナーはお金を支払って予約できます。だからAさんのように何度も来ることができるわけです。タイムシェアというと、1年の決まった1週間に宿泊すると堅苦しく考えがち。しかも毎年この1週間はハワイに行かないといけない、と思うと負担に感じるのではと思っていましたら、意外にもポイントでフレキシブルに利用するという手があったのです。これなら、わが家も使えそう!と思える人も多いのでは。