幼稚園から高校まで500万円!

教育費を1/3減らして増税に負けない暮らしを

習い事はお金をかければかけられるけど、お金をかけない方法もあるのです。その工夫を探してみましょう。

前回と重複しますが、幼稚園から高校まで公立に通ったとしても500万円もの教育費がかかります。でも、この半分の250万程度は学外活動…つまり、塾や習い事にかかるお金というデータが出ていると前回お話ししました。

幼少期は保育園など、お金がかかるところへ通うケースも多いので、なかなかお金の貯めにくい時期と言えます。でも、小学校、中学校は給食費+学校での活動費程度ですので、本来はあまりお金がかからず、貯め時と言える時期になります。
しかし、子供の将来を思い、塾はもちろんのこと、水泳、ピアノなど、様々な習い事に通わせ、本当なら貯金に回したい金額をも教育費に費やしてしまうご家庭がとても多いのが現実です。

習い事、本当に必要ですか?

今している習い事は、本当に必要でしょうか?たくさん重複して通わせ、身になっていないということはないでしょうか。まずはそこから見直してみましょう。

子どもである時期は、何事も吸収がよいので、様々なことを体験させて可能性を伸ばしたい、ということは大賛成です。けして習い事をしてはいけない、というわけではありません。たくさんの習い事から、まずは子供が興味を持って取り組んでいることを優先して残して、あまり関心がないことは思い切ってやめてしまってもよいのではないか、と考えます。また興味が出てきたときに、再開させてあげるのでも十分と思うのです。

ここでも、家計管理と同じようにメリハリをつけていくことが、子供の可能性を伸ばすことにも良いでしょうし、お金の管理的にも良いことになります。

では、次のページでは具体的にどういう工夫ができ、どのくらいの効果があるのかをお話しします。