ラリーを続けるためには、安定したスイングやフォームが身に付いていることが大切

undefined

 

卓球のラリーを長く続けるためには、なんといっても安定したスイングを習得することが必要です。まずは素振りなどで自分のスイングを固めましょう。慣れてきたら、ラケットで玉を相手コートに打ってみましょう。

卓球のラリーを続けるためには、安定した玉を相手コートに打ち続けなければなりません。はじめはフォアハンドでの素振りの練習をしましょう。

まずそのためには安定したスイングやフォームが身に付いていることが大切です。鏡の前などでフォームの確認や体重移動がしっかりとできているかなど確認しながら素振りを行うと効果的だと思います。

素振りに慣れてきたら、実際に玉を相手コートに打ち返してみましょう。玉は小さく軽いので、少しでもぶれるとコートの外に飛んでいってしまいます。常にラケットのどの部分に当たるときれいに相手コートに帰るのかなどを意識しておくと、勘がつかめるのではないでしょうか。慣れてくるとリズムよく相手コートに打ち返せるようになってきます。

ラリーは長く続くことが大切ですので、余裕が出てきたら相手が打ちやすいような場所を狙って、玉を打ってあげるように心がけましょう。

また、おざなりにされがちですが、筋力や体力も大切です。卓球は小さい台の上でするスポーツというイメージが強いかもしれませんが、かなり体力を消耗します。スクワットやウォーキングなどで膝上や太股の筋肉をつけるトレーニングをしておくと、楽に動けるのでおすすめです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。