そのクオリティで御殿料理にもなった「鯛めし」

 

 

山陰地方きっての食の都、松江。老舗旅館の食事処「庭園茶寮みな美」ではお殿様直伝の「鯛めし」を味わうことができます。鯛のそぼろをご飯にのせ、だし汁をかける独特のスタイルはオンリーワンの味わいです。

undefined

 

全国に「鯛めし」は数多くありますが、「みな美」のものは少しユニーク。鯛をわざわざ「そぼろ」状にし、たまごの黄身と白身、大根や海苔などと共にご飯にのせます。そしてその上から秘伝の出汁をたっぷりとかけ、お茶漬け風にして頂くという趣向です。

これほど手のこんだ料理の原点は、松江の名君「松平不昧公(ふまいこう)」が考案した御膳料理。これをみな美をプロデュースする「皆美旅館」の板長がアレンジし、皆美だけの秘伝として松江を代表する郷土食にまでなっています。ランチの鯛めし御膳「福」は2310円。焼き魚や茶碗蒸しなどもついてお得です。

■庭園茶寮みな美
住所:島根県松江市末次本町14 旅館皆美館1階
電話:0852-21-5131
営業時間:ランチ/11:30~15:00(LO:14:30)、ディナー/17:30~22:00(LO:21:00)
定休日:無休
アクセス:松江しんじ湖温泉駅から徒歩約15分
URL:http://www.minami-g.co.jp/minamikan/toki/index.html

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。