フィレンツェの風景を一望できる街

 

 フィエーゾレ

フィエーゾレは「フィレンツェの街が一望できる場所」です。フィレンツェから約9キロ離れた小高い丘の上に位置し、盆地であるフィレンツェを一望できる場所もあり緑と新鮮な空気で溢れている街です。

フィエーゾレまではATAF(アタフ:市バス)を利用します。料金は1.2ユーロ。フィレンツェ中央駅のサンタ・マリア・ノヴェッラ駅前から、7番のバスに乗り、所要時間は約15~20分。ダイヤは往復共に、約20分おきにあります。2人の場合は、バスチケット4回分を1枚買うとちょっとお得です。

「フィレンツェの母」といわれるフィエーゾレは『歴史上トスカーナの都として君臨することとなったフィレンツェよりも起源が古く、かわいらしい町なのに広大な考古学エリアを持っています。        
またその他にフィエーゾレを訪れる価値は、風景の美しさ。起伏に富んだ地形が、フィエーゾレが持つ個性でありそれによって、さまざまな風景が生み出されています。歩くたびに、表情が変わる散策もとてもおすすめです。※』  

※出典:http://www.japanitalytravel.com/toscana/fiesole.html

■fiesole(フィエーゾレ)
アクセス:サンタ・マリア・ノッヴェラ駅の7番バスで約20分

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。