帰りの分まで払うの?

セブでタクシーを利用したときのこと。メーターが壊れているとか、動かなかったりとか信用できないので、ホテルから出かけるときはホテルでタクシーを呼んでもらっていました。そして帰るときも、できるだけ流しではなく、そこのレストランやお店でタクシーを手配してもらい、値段が法外な時は、来るときはいくらだった、と言って交渉しました。

ある夜のこと。ショッピングセンターに出かけ、買い物と食事をして、そこのタクシー乗り場からタクシーでホテルまで戻ったのですが、明らかに高い値段(倍くらい?)をふっかけられて。メーターは案の定動いていないし、ポーターもすでにいなくなっているし。

で、なぜそんなに高いのかと聞くと、こんな時間に利用されても、帰りは空っぽで帰らないといけないから、帰りの分まで補償してくれ、というのが運転手側の言い分です。

それは身勝手なと思いつつ、ドライバーの気持ちもわからなくはないので随分押し問答はしたものの、時間ももったいなかったので、結局払いましたが。

お客のいない空車分まで負担させられるとは。いや、本当は払わなくていいのでしょうけど。なんだか心情的に、ドライバーがかわいそうになっちゃって払ってしまったのですよね。

以降、夜の遠出は控えることにしました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。