旅の疲れを癒やす「薬用入浴剤」

日本人ほど「風呂に浸かる」ことが好きな人種はあまり他にないかと思われます。ホテルのバスルームのタブに、お湯を満たして疲れを癒すのは旅先では本当に至福の一時です。

しかし、シャワーだけで用を済ます大半の他の国の人々にとって、バスタブは体を洗った後水の受け皿でしかなく非常に不衛生です。

そこで、お湯に浸かることの好きな私は必ず「薬用入浴剤」を旅行荷物の目録に入れます。そして、入浴前に先ず熱湯で湯船を隈なく流してから、「薬用入浴剤」をいれたバスで旅の疲れを癒すようにしています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。