エスニック模様のペンギン貯金箱

undefined

 

クリスマスに2歳の娘がサンタさんにお願いした「ペンギンの貯金箱」。お父さんが紙粘土とジュースの空き箱で手作りしましたので、紹介させてください。

材料 

  • 200~250mlサイズの紙パックジュースの空き箱
  • 紙粘土
  • 絵具
  • マジックテープ

作り方

  1. ジュースの空き箱はよく洗って乾かします。
  2. そこの部分に穴を四角く開け、少し大きいサイズの蓋をダンボールなどの別紙で作ります。
  3. 裏面にお金を入れる穴を開けます。
  4. あとは紙粘土で好きな形を作ります。今回はリクエスト通りペンギン。
  5. 絵具で色づけ。
  6. 底面の蓋と本体部分にマジックテープをボンドでつけてできあがり。

実は私が猫型、主人が象型の革製のエスニックな貯金箱を持っていて(フェアトレードのお店で買ったもの)、娘は同じようなものでペンギンのが欲しいとつぶやいていたため、このようなエスニック模様のペンギン貯金箱になりました。

後ろにぼんやり映っているのが、その猫と象の貯金箱です。手作りだと、どんな風にでもアレンジできます。少々不細工でも味があっていいですよね。お父さんは、ペ、ペンギン??と困りつつも必死で夜中に作っていました(笑) ジュースの空き箱は軽い割に型崩れしにくいので土台におすすめです。

娘は当時まだ2歳だったので、本当のお金を扱わせるのには抵抗があり、余った紙粘土でお金を作って、色づけしたりかわいい紙を貼ったものをたくさん作ってあげました。それをチャリンチャリンと入れて貯金気分。底面から出せるので、3歳の今はそれを貯金したり、出しておままごとのときに使って遊んでます。今は作り物ですが、いつか大きくなったら本当のお金を貯金してほしいものです……。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。