型紙代わりに下敷きや雑誌を使って畳む

 

 

Yシャツを畳む時は型紙があった方が簡単でしわにもなりにくいです。買ったときの型紙がなければ下敷きや雑誌で代用しましょう。ピンがなければ代わりに洗濯ばさみを使います。

型紙の大きさですがA4サイズが適当な大きさです。A4の下敷きとホットペッパーを試しましたがどちらもうまく畳めました。

まずはアイロンをあててボタンを袖口以外留めます。始めに襟の型があれば後ろから差し込みますが、なくても問題はないです。

次にシャツの背中をこちらへ向けて置きます。そして雑誌や下敷きを襟の下の中央に置きます。そして型紙からはみだしてる右の部分を折り返し、あまった袖を丁寧に折り返し、左も同様に行います。
undefined

 

そして型紙の下にはみ出てる部分を折り返し、少し余るシャツの裾の部分は内側に折り返します。綺麗に整えたら慎重に型を抜いて完成です。

最後に、お好みでくずれやすい部分には洗濯ばさみを使って補助しておくといいですよ。使う洗濯ばさみはランジェリー用のソフトなものが使いやすいです。挟むところが平面で広めになっていて痕に残りません。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る



あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。