愛犬と一緒に飛行機で旅行

飛行機でペットと旅行

飛行機でペットと旅行

犬と一緒に飛行機で移動するのは、貨物室預かりになります。利用する航空会社によっては、飛行機に乗れない犬種が指定されているので注意が必要です。

航空会社によって対応が違うのですが、JALの「ペットとおでかけサービス」では一年を通して体温調節を苦手とするブルドッグとフレンチ・ブルドッグの預かりを禁止しています。

また、ANAの「ペットらくのりサービス」では、太陽の強い日差しを受け、飛行機内の温度が上がってしまう7月~9月までの時期に、短頭首と呼ばれる13種類の犬(おもにブルドッグやフレンチ・ブルドッグ、シーズーやボストンテリアなど、鼻が上を向いているのが特徴の犬種)の預かりを禁止しています。

指定以外の犬種の預かりに関しても、「貨物室で預かっている最中にトラブルが起こっても補償しない」という同意書にサインをしなくてはなりません。実際にニュースなどでも放映されたように、短頭首が熱中症になってしまうといったケースも発生したため、時期と犬種によって預かりサービスをやめるようになってしまいました。

もし、ペット預かりサービスをご利用になられる場合は、飛行機に乗る前に犬のコンディションを整えておきましょう。

■ペット預かりサービス内容
・JAL:ペットとおでかけサービス
・ANA:ペットらくのリサービス


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。