効率がさらに向上した再生環境

録画したタイトルはホーム画面のXMBメニューで「ビデオ」ラインにアイコン表示され、選択することで再生できる。この録画タイトルはリモコンの「録画リスト」で一発で表示できるように改善された。

今回のBDZ-T1000では「もくじでジャンプ」という機能が追加された。従来のレコーダーでは録画の内容を自分の目で見て確認していくしかできなかったが、この機能を使うと、録画のなかで見たい位置から再生できる。この目次でジャンプ機能を使うと、たとえば歌番組で自分の好きなアーティストが歌っている位置をダイレクトに再生できる。

このデータはテレビ放送に含まれるわけではなく、ソニー独自のデータをネットワーク経由でダウンロードする必要があり、通常、番組終了から1時間程度で更新アップロードされる。なお、この機能はリモコンの「コーナー目次」、あるいはオプションの「コーナー目次」から起動することができる。

録画タイトル

録画した番組はビデオラインに表示される。


目次

番組の目的位置にジャンプできる「もくじでジャンプ」。


iPad版「RECOPLA」登場

従来、ソニー製タブレット限定でしか使えなかったRECOPLAのiPad版が登場した。タブレットに録画を転送して持ち出すことはできないが、レコーダーの録画を参照してリモコン再生したり、予約録画サイト「テレビ王国」を呼び出したりと便利に使える。

ちなみにこの予約録画サイトはスマートフォンからでもパソコンからでもアクセスでき、ソニーレコーダーを登録しておけば、ネットワーク経由で録画予約が可能だ。

RECOPLA

iPad版「RECOPLA」の画面


リモート予約

リモート録画予約もできる



まとめ

最近はローラのテレビCMでキーワード自動録画をアピールしているBDZだが、注目ポイントはそれだけではない。リモコンの細かい改善などの地道な部分や「目次でジャンプ機能」による再生環境の改善、iPad版RECOPLA登場まで、さまざまな部分が地道に進化し、より優しく使える高機能レコーダーに進化している。

「BDZ-ET1000」は、より時間や手間をかけずに録画を楽しみたい人にはぜひオススメしたいレコーダーだ。USBハードディスクをつなぐのは面倒という人のためには2TB、3TBのハードディスクを搭載したモデルも用意されている。

>>BDZ-ET1000(価格.com商品ページへ)




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。