映画監督・北野武
~オススメの作品「座頭市」~

■「座頭市」作品概要:
金髪で盲目の居合の達人座頭市。病気の妻を伴った浪人。訳ありの美人姉妹。3つの視点で進むストーリー。絡み合う彼らの関係を迫力ある殺陣とともに魅せてくれます。

■主なキャスト:
ビートたけし、浅野忠信、夏川結衣

■北野武監督を好きな理由:
単純明快ではなく、味のある作品が多く魅力を感じます。内から発するエネルギーのようなものを感じます。

映画論も好きです。アップは強火、引いたシーンはとろ火と、映画を料理に例えたり、因数分解で映画を見せられないかという考えも面白いです。飢餓に苦しむ国が数多くある中、自分が映画を撮っていることを不条理ともとらえています。そんな諸々の考えが味のある作品の基になっているのだなと思っています。

■「座頭市」の好きなシーンやオススメの理由:
北野作品の中でも珍しくエンターテイメント性が高い作品となっており、わかりにくい作品が苦手な方も楽しめると思います。そんな中でも所々深く考えさせられる作りになっています。座頭市を金髪にして、今までの座頭市のイメージをばっさり変えてしまいました。当初波紋を呼んでいましたが、これにも深い意味があるようにも思えるのです。

村祭りのタップダンスも大迫力で見所です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。